よくある交通事故トラブル!あなたは大丈夫?

現場でそのまま別れてしまった!

交通事故と言えば誰でも揉めずに早く解決したいもの。特に損害が軽微で大した損害でなければ、事故現場でお互いに賠償請求はしないと約束して別れてしまったなんて経験がある人もいるのではないでしょうか?しかし特に相手が未成年だったり、車の所有車と運転者が違っている場合は要注意です!後日相手の親から連絡があって、事故現場で何もしてくれなかったとトラブルになる可能性も。また車の損害についての示談相手は基本的に所有者ですから、いくら運転者が問題ないと言っていても示談にならない可能性もあります。小さな事故でもとりあえず警察や保険会社に報告しておいた方が無難と言えます。

かなり低い金額で示談してしまった!

交通事故に遭う人のほとんどが初めての経験ですから、相手保険会社から提示された内容が正しいと思って示談してしまっても仕方ありません。しかし実際にはかなり低い金額で示談してしまっている人もいるようです。しかも厄介な事に一旦示談書にサインをしてしまえば、後で追加請求を行うというのは難しいのです。示談書が送られてきたら、やはり一度内容を確認した上で問題ないか冷静に判断するようにしましょう。もし自分で分からなければ弁護士などのプロに相談してみるのも一つの手段です。

本来の賠償義務以上の金額を支払ってしまった!

今度は自分が加害者になった時に気を付けたいポイントですが、中には任意保険を使用すると保険料が上がるため自己負担で解決するという人もいると思います。保険会社を通さなければ、実際には支払わなくてもいいような金額を支払っている可能性もあります。修理費用を払ってくれと言われ請求書通り支払ったけれど、よく見てみると事故以外の部分も一緒に修理していたというケースも。また修理工場によっては割高の金額に設定している所もありますので、困ったらやはり一度保険会社に相談した方がいいでしょう。

交通事故の弁護士では巻き込まれた被害者の立場に立って慰謝料の交渉などの対応を実施しているので安心して任せることが出来ます。相談は無料で受け付けているので困った場合には気軽に法律事務所に訪れてみると良いでしょう。

Category: 未分類

- 2015年4月26日