少ない予算でもやりたい飲食店開業なら移動販売

飲食店の店舗経営に必要な初期投資

飲食店を経営したいというのはグルメブームの今日において全うな考え方です。少し気のきいた料理を提供できる飲食店であればすぐに人気が出て多くの人が訪れるようになる可能性があります。しかし、店舗経営をする上では多くの初期投資が必要になるのがネックです。貸店舗の手配に加えて厨房設備と飲食のためのフロア設計を行うだけでも莫大な費用になることは否めません。そういった予算を確保できるかどうかや、借金をした場合に取り返せるという算段が立てられるかが重要な点になります。

初期投資が少なくてもできる移動販売

初期投資の莫大さが問題になって飲食店経営を諦めるというのは浅はかな考えということもできるでしょう。飲食店は必ずしも店舗を構える必要はなく、移動販売を行うこともできるからです。大型の厨房設備を整えるのは難しいものの、たこ焼きや焼き芋のように簡単な調理設備があればできるものであれば車で移動しながら販売を行うという戦略を建てることができるのです。この場合には車と調理器具だけが必要な初期投資であり、大幅に費用を節減することができるのです。

移動販売で開業する際に必要な独創性

移動販売を行う際に苦労するのはその存在を世に知らしめることです。決まった販売場所がないことから認知度を高めることが難しいのです。焼き芋のように移動販売が行われていることがよく知られているものであれば認知度を高めずとも済むものの、競合する業者がいることから成功の確率は下がります。そのため、独創的な料理を提供することでマスコミに注目されるということが大切になります。そうすることによって人気が高まり、誰もが競って移動販売車を探しにくる状況を生み出せるのです。

移動販売車は主に車両内部に販売に必要が設備を搭載しています。車検に出す際は改造を施した車両として扱われるので、走行に不要な設備は予め取り外してくことが大切です。

Category: 未分類

- 2015年6月19日