大切な君へ、はじめて贈る名前のプレゼント

名前に込める想いとは

親から子どもへの一番最初に贈るプレゼント。それが名前ではないでしょうか。初めての子ども、2番目、3番目の子どもに関わらず生まれてくる我が子へつける名前に頭を悩ませる親は多いですよね。昔はおじいちゃん、おばあちゃんにつけてもらう家庭も多かったのですが、今は両親が考えてつけることが多くなってきているようです。どんな子に育ってほしいか、その字に込める想いはまさに親の愛情そのものですよね。実際皆さんはどのようにして子どもの名を命名しましたか?

もう迷わない!命名する際のポイント

間もなく生まれてくる我が子、皆さん名前をどのように決めるのでしょうか。今や名づけの本が多数でていたり、インターネットでも人気の名前ランキングなんかが出てきますよね。名前を決める際、もっとも気にする人が多いのがその画数です。一生使うものだからこそ真剣に選びたい、という親心から気になるポイントですよね。その他、その名前の音感や響き、漢字の由来や意味、また生まれてくる季節にちなんだもの、将来こうなってほしいという願いなどを参考に名前を考えるのが一般的です。

あなたの幸せを願って

命名、頭を悩ますものではありますが考えている時間はとても幸せなもので嬉しい時間ですよね。名は体を表す、というように、不思議とな名前と人物は一致していくものです。事前にある程度決めておくのも良いですが、実際に生まれてきた子の顔を見て、生まれてきた日の状況を見てひらめく方も多いようです。全てに共通していることは、親の愛がたっぷり含まれていること、その子の未来の幸せを心から願っている、ということです。たくさん悩んで是非素敵な名前と出会えますように。

命名をする事は、動物や物に名前を付ける事になりますので、名前の由来などを考える事がとても大切な事になります。

Category: 未分類

- 2015年6月19日